迅速なキャッシング審査の鍵はスコアリングシステムにある

キャッシング審査ではどの消費者金融で申し込んでも通る人と、特に原因は見当たらないのに落ちてしまう人の両方が実際にいます。その明暗を決める鍵の1つとなるのが、申込みをする人の属性です。消費者金融のキャッシング審査では、個人の属性をスコアリングシステムを利用して点数化する事で、その人の返済能力を総合的に評価して行きます。

 

スコアリングシステムにはコンピューターが使用されている為、人の手で一人ずつ審査を行うよりも遥かに速く効率的な審査が行われています。消費者金融のホームページのトップに「最短30分」という言葉が大きく表示されているのは、このスコアリングシステムによる審査が行われている為です。

 

 

【スコアリングシステムの詳細】

 

 

スコアリングシステムで点数化される項目は沢山あります。その中でも特に重要な項目を挙げるならば次のような属性情報となります。

 

〈その人の年収〉

 

年収のスコアリングにおいて有利となるボーダーラインとは「400万円」と言われています。この金額を基準と考えるならば、それよりも不足する金額が大きくなるに連れてスコアリングシステムにより算出される点数は小さくなって行きます。そして200万円を切ると最も審査に通り難いという状況となります。
但し200万円を切っても安定した収入のある人ならば、審査に通る可能性はあります。

 

 

〈その人の勤めている会社〉

 

審査ではその人がどのような会社に勤めているかという事も、大きな判断材料となります。勤め先について審査を行う時、最もスコアが高くなると言われているのは公務員です。公務員は一般の企業とは違い倒産の心配がない為に、最も安定収入が見込める職業と言えます。
次いで有利となるのは大手企業に勤めている場合です。大手企業に勤めている事である程度の年収を見込める為に、返済に充てるお金の確保が期待できます。その次に中小企業と続きますが、自営業の人は安定した収入という点では弱い部分がある為に、最も低いスコアになるようです。

 

 

〈現在勤めている会社での勤続年数〉

 

 

勤続年数は審査でも大きな判断材料となりますが、その年数が10年以上ならば理想的と言われています。それでも実際のところはそれ程長くはなくても2年以上ならば安心と言えますし、1年以上となっている場合では特に問題は無いようです。
ただし1年未満の場合は、心配が残ると言えるでしょう。

 

 

〈勤務先での雇用形態〉

 

雇用形態でスコアが良いのは正社員という事になります。また社長の地位にいる人は社内では最も重要となる立場にはありますが、消費者金融のキャッシング審査では正社員と同等の評価となるようです。
契約社員は正社員よりもスコアが低くなり、その後にパートやアルバイトが続いています。この場合200万円が

 

 

〈その人の家族構成〉

 

申込者の家族構成も重要なポイントとなっています。最もスコアが高くなるのは独身で実家暮らしの人です。働いて得た給料を自分一人の為に使う事も可能な為に返済能力が十分にあると考えられます。
また実家暮らしでなくても、結婚をして子供が居ない場合には経済的余裕があるとみなされます。そして子供の人数が増える毎にスコアが減って行きます。
また結婚をしていても単身赴任などで別居をしている場合では、スコアが減る事もあります。そして最も評価が低くなるのは独身であり、家族との同居が無い人です。一人暮らしの場合には金融会社では警戒をする対象となる事もあるようです。

 

 

〈その人の居住形態〉

 

居住形態では持ち家の人が最も高い評価となります。不動産という資産を持っている事で金融会社にとっては安心材料と言えます。またローン返済をしている人は返済の実績がある人として評価も高くなります。
それでも賃貸物件に住んでいるという事が理由で審査に落ちるという事にはならないので、心配はないようです。

 

 

〈その物件での居住年数〉

 

その物件での居住年数は10年以上というのが最も高評価を受ける年数という事です。反対に1年未満であると消費者金融での審査で敬遠をされる傾向にあるので、最低でも1年という年数を申告したいものです。それには1年未満の場合には1年以上と言える時期が来るまで申し込みは先送りにした方が良いかも知れません。
また引越しの予定がある時には、先に申込みをしてしまうという方法もあります。